わきがなわが子のために出来る事

わきがなわが子のために出来る事

私の息子はわきがです。わきがかな、と初めに気付いたのは、小学校6年生の思春期に差し掛かるころでした。初めは、「なんか服が臭うな、今日はたくさん汗かいたのかな。」と思う程度でした。市販されている制汗剤を買って渡したこともあります。でも、顔にニキビができるようになり、声変わりしはじめると、「あれ、これはただの汗の臭いではないかもしれない。」と思うようになりました。

 

 

というのも、私が以前付き合っていた彼氏がわきがで、日中はあまり臭いは感じないのですが、お泊りに行って朝起きた時に感じる甘くて変なわきがの臭いを覚えていたからです。本人は自分がわきがだという認識はなく、私自身もその彼氏に「わきがみたいだよ。」ということが出来ませんでした。最終的にその臭いに耐え切れず、それが原因で別れてしまいました。今考えると本当に彼には申し訳なく思いますが、その時の私にはほかに選択肢はありませんでした。

 

 

息子にそんな悲しい思いはさせたくない、周りの人にはそんな迷惑をかけたらいけない、と思い、ネットでわきがについて色々調べました。わきがの手術を最初に考えましたが、本人の心や体の負担を考えると今一歩踏み込むことが出来ませんでした。そこで、彼氏が塗っていたような専用のクリームを何種類か購入し、どれが一番臭いを消すことが出来るのか試してみました。その時点ではまだ本人にはわきがの事を伝えていなかったため、息子には内緒でこっそりと洗濯物の臭いをかいでました。クリームを購入した後は、なるべく油ものの料理を控え、除菌の出来る洗濯剤を購入し、下着も風通しがよいものに変えました。

 

 

1年たった頃、クリームを塗ることがだんだん面倒くさくなってきた息子に、わきがであること、本人は臭わないが周りは臭う事、そのために自分がしないといけないことを伝えました。初めは本人も驚いて落ち込んでいましたが、最近では自分でも少しずつ臭いについて考えることができるようになってきました。家に帰ったら着替える、クリームを朝晩きちんと塗る、夜更かししない等、自分で出来ることをしています。

 

 

子供が自覚できないわきがの臭いは、他人ではなく、親がズバッと言ってあげた方が、将来本人も辛い思いをしなくていいと思います。その為に出来ることを、これからも息子とともに考えていきたいです。