妊娠中に体臭がきつくなる原因と対策について

妊娠中に体臭がきつくなる原因と対策について

妊娠すると女性の体質や体型には大きな変化が出てきますが、その中で体臭がきつくなるという悩みを抱えている人は少なくありません。

 

妊娠中はすべての人がこうした症状が出るわけではありませんが、体臭が以前より強くなったと感じている場合はその原因も知っておきましょう。

 

産後は自然とこうした悩みも解消されることが多いですが、妊娠期間は長いこともありますので、まずは原因を知り、それに合った対策を行っておきましょう。

 

まず、妊娠するといつもより体温が高くなりますので、汗が多く出るようになります。
そして、お腹やバストも日に日に発達していきますので、脂肪もたまりやすくりより汗も出やすくなってしまいます。
いつもより多く分泌される汗に雑菌などが混じると体臭も強くなる傾向にあります。

 

このほかでは妊娠すると便秘になりやすい傾向にありますが、そうなると体内には老廃物や毒素が溜まりやすくなってしまいますので、そうしたことも原因で体臭がきつくなることも考えられます。

 

それから妊娠中はいつもより新陳代謝も活発になりますので、体温も下がりにくくなりますし、そのことも体臭を強くすることにつながってしまいます。

 

さらに体調の変化などで長く入浴ができない、簡単に入浴を済ませてしまうことなども体臭を取り除きにくくすることが考えられます。
妊娠中はどうしても臭いに敏感になりやすいこともあり、それほど体臭が強くなっていないにかかわらず、強くなったように感じる場合もあります。

 

妊娠中の体臭が気になる場合は、まずは清潔を保つことが大切です。
汗や臭いの発生しやすい脇などは特に丁寧に洗っておきたいところです。
いつもより汗をかきやすくなっていますので、汗はこまめに拭き取ること、着替えなども頻繁に行ってみましょう。
消臭には石鹸やボディソープが役立ってくれますが、石鹸もより消臭効果の高いものを使ってみることもおすすめです。

 

体臭を手軽に止める方法としては、市販の制汗剤を使ったり、消臭剤を利用するという方法もあります。
汗や臭いの気になる部位につけることで、手軽に汗を抑え、臭いを目立たなくしてくれます。

 

そして、妊娠中は赤ちゃんへの影響もありますので、できるだけ体に負担のかかる成分が入っていない安全性の高いものを選ぶことも大切です。
それから、香水などは妊娠中は香りに敏感になっていますので、避けたほうが無難です。
香りのある商品を使う場合もできるだけマイルドなタイプを選んでおくことがおすすめです。

 

さらに、消臭効果のあるインナーなどを利用するのも改善に役立ちますし、サプリメントでも消臭対策ができるものがありますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

食事も体臭に影響が出やすい傾向にありますので、ニンニクなどの臭いの強いものは避けるなど食事にも工夫してみましょう。
とはいえ、妊娠期間中は栄養をしっかり摂ることも大事ですから、栄養不足にならないようバランスよいメニューを選びましょう。