アポクリン汗は遺伝的な性質によって生じる、わきがは遺伝する

アポクリン汗は遺伝的な性質によって生じる、わきがは遺伝する

わきがという症状に関しては多くの人が間違った知識を持っている傾向にあり、その傾向に従ってわきが治療を進めている人もいますので本当に気を付けなくてはいけません。

 

そもそも、わきがという症状は後天的な日常生活の乱れや崩壊によって生じる症状ではなく、生まれたときの遺伝的な体質によって発症するかどうかが分かっている症状です。これは医学的な見地からも認められている事実なので、わきが治療にとって重要になるのは悪臭を生じさせる遺伝子をその人が持っているのかそうでないのかの一点になります。仮に、遺伝子を持っていた人は悪臭を放たないように腺を治療して臭いそのものを小さくするように努力しなくてはいけません。

 

腋臭は、わきから生じる汗の成分によって悪臭を四散させることになります。この汗の成分に含まれている物質が雑菌などと反応することによってより強力な臭いとなって周囲に不快な気持ちをさせることになります。

 

そして、この汗の成分というのは一般的な汗とは違う成分が含まれていることから、アポクリン汗と呼ばれており、多汗症患者にこの汗が出やすいのも特徴になっています。遺伝的な性質によってこの汗が生じてしまうのは、こうした汗の成分は優性遺伝によって決定されるからにほかなりません。アポクリン汗が生じる幹線や成分は、両親が持っている要素によって決まるのであって、そのほかにものに影響されることはありません。

 

仮に、両親がともに腋臭の因子を持っていた場合には子供に対しても9割以上の確率でその因子が引き継がれることになります。もちろん、引き継がれた因子によってすべての人が腋臭を発症させるわけではありませんが、そうなってしまう可能性は高くなるということを知っておかなくてはいけません。

 

日本人全体の数でみると腋臭そのものを発症させている人はそれほど多くはありません。これは、日本人の因子の中に腋臭に関する因子が全体数として少ないからにほかなりません。一方で、欧米などの人たちは全体数の約7割から9割の人が腋臭の因子を持っていることもわかっています。こうした事実がありますので、因子を持っていれば後天的な生活改善だけでは悪臭を抑えることは非常に難しいのです。

 

わきが治療で一般化されているのは汗腺を手術する方法ですが、これを実践すると臭いをできる限り小さくして不快な状態にせずに済むようになります。手術痕も時間がたてば小さくすることができるので、医師に詳しく相談してから判断することが大切です。

 

 

制汗クリームのクリアネオはわきがに効かない?

 

 

正しい使い方をしないと殺菌や制汗、消臭というクリアネオが持っている素晴らしい効果を十分に発揮することができないため、効かないと感じやすくなってしまいます。すでに雑菌が繁殖して異臭を放ってしまっている状態に塗布しても臭いを十分に消すことはできませんし、衣服に染みついている臭いが漂い続ける場合もあるので、一度臭いのもとを断つために洗う必要性があります。

 

クリアネオ使うときには、清潔にするために初めに肌の洗浄を行います。力を入れすぎて肌荒れを起こすと乾燥肌になって皮脂の分泌が進むことがありますから、泡で洗うような感覚で毛穴の汚れを取り除きます。古い角質がいつまでも残っている状態の人は、悪臭のもとになることがありますから、ピーリングジェルを用いて取り除いておきます。ピーリングジェルも毎日使うと肌を傷めますから、1週間から10日おきくらいに実施するのが適切です。

 

古い角質を取り除くことができたら綺麗に洗い流し、タオルドライで水分を取り除き、クリアネオの塗布を行っていきます。1日の最低推奨使用料は6プッシュとなっていますが、一度に6プッシュ分を使うのではなく、朝とお昼など何回かに分けて使用したほうが、殺菌や制汗、消臭を維持しやすくなります。

 

皮膚に十分に浸透させるべく、白いクリームが目立たなくなるまで優しく塗りこみます。わきに塗布する場合、腋毛が生えている毛穴のところに汗腺がありますから、その範囲をすべてカバーできるように塗っていくことがポイントです。塗って数分もすると、さらっとした状態になってべたつく心配がなくなります。

 

夜寝ている間に雑菌が繁殖することが多いため、朝シャワーを浴びてから利用すると高い効果が期待できますが、朝に時間がない人は、夜の入浴の際にしっかりと洗ってクリアネオを利用し、朝は追加塗布だけを行う方法もあります。

 

体質によって多くプッシュして塗りこまないと制汗作用が弱まってきて汗をかきやすくなってしまう人がいます。汗が大量にでてしまうと雑菌が繁殖しやすくなり臭いが出やすいですから、何度か使いながら自分に適している量を把握して行く必要があります。汗の分泌が多い人は、特に数時間ごとに効き目が続いているかチェックすると安心です。

 

ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスを感じているときなど体調によっても汗の分泌量は違ってきます。緊張する場面があったり、スポーツを楽しんだ後もチェックしておくと安心です。

 

永久脱毛などで腋毛の処理をしている人は良いですが、男性は処理をしていない人も多く、湿気が溜まりやすい状態で汗が蒸発しにくくなっていると余計に臭いやすい環境になっています。腋毛を自己処理するときもピンセットなどで引っ張ると毛穴がダメージを受けますし、抜けた部分に汗や雑菌が溜まりやすくなって逆効果です。カミソリで処理する場合も、肌を傷つけないように注意する必要があります。

 

肌に炎症を起こしているときに利用すると影響が出てしまうことがあるので、治ってから使うようにします。